Sakuyaの図書室

書物の御紹介

変わり者の船長 entry02

第2回目は世界の名作文学の御紹介です。


f:id:sakuyamonju:20190806110137j:plain

少年少女
 世界の名作文学7 イギリス編 🍀


 宝島
  作 者/ロバート・ルイス.スチーブンソン氏
  訳 者/近藤 健( けん )

f:id:sakuyamonju:20190806110326j:plain


f:id:sakuyamonju:20190806110716j:plain
イギリス東部の代表的な漁師の家


 第一章 老海賊
 ( 一 )“ ベンボー提督亭 ” に来た男


 僕は はっきり覚えている。
 僕の父が “ ベンボー提督亭 ” という、変わった名前の宿屋をやっていた時のことだ。
 手押し車で荷物を運ばせながら、一人の男がのっそり入って来た。
 荷物は、船乗り用の大きな衣類箱だった。
 だからもちろん船乗りだろう。もう年寄りだが背が高く、頑丈な体つきだった。赤黒い顔には大きな刀傷があった。太い二本の腕にも傷痕がいっぱいあって、爪は黒くて割れていた。
 その男は入り江の方を見回しながら、低く口笛を吹いていたが、ふいに歌いだした。

  死人の箱にゃ 十五人
    ヨイ コラ ホイ
  飲もうよ、ラムがひとびんだ

 嗄( しゃが )れ声は歌っているというより、まるで吠えているみたいだった。
 それにしてもこの乱暴な船歌は、その後でもよく聞かされた物だった。
 いや、それはともかく男はそれから棒切れで、乱暴にドアを叩いた。父が出て行くと、ぶっきらぼうないい方でラム酒を一杯注文した。
 それをちびりちびり飲みながら、
こいつはつごうのいい入り江だよ。それに、酒場のここんとこからでもすっかりながめられらあな。気に入ったぞおやじ それでどうだい、客は多いのかい?」
と、あごをしゃくった。
いえそれが、その・・・・・お客さんはまるで少なくて・・・・・。
 父は、おどおどしながら答えた。
そうかい、そんなら俺にはおあつらえのねぐらだあな。当分世話になるぞ。ーーー おい、その荷物!」
 ぼやっとつっ立っている人夫をどやしつけて、二階へ荷物を運ばせた男はまた続けた。
おやじ。俺はな、せわのやけない男だよ。ラムと、卵をのっけたベーコンさえありゃあな。おっと、それによ、船を見張れるあのみさきとな。ーーー なに、俺の名かい そうだな、“ 船長 ” ということにしておこう・・・・・。そうか、分かってるよ 金だろう。ーーー ほれ!」
と、テーブルの上に金貨を三、四枚投げ出した。
そいつがなくなったら、そういえ!」
 それは、まるで家来に命令でもしているようないばった態度だった。
 が、ともかく、こうしてその男は ベンボー提督亭 のお客になった。服はぼろだし、言葉も汚くて感じの良いお客ではないが、それでいて、なんとなくただの船乗りとは思えない、どっしりしたいかめしいところもあった。
 僕も家( うち )の人達も、言われた通り “ 船長さん ” と呼ぶことにした。
 ところでこの 船長 は、やることなすことみんな変わっていた。
 昼は大きな望遠鏡を抱えて、一日じゅう入り江の周りや崖の上を散歩していた。いや、散歩というと上品だが、見たところではほっつき廻っている、といった格好だった。また夜は、いつも酒場の隅で強いラム酒を飲んでいた。人に話しかけられても、返事どころかうるさそうに睨み返すばかりだった。
 これでは家( うち )の人達やお客さんにしても、段々と側に寄り付かなくなるのも当たり前だろう。
おい、俺のるすにだれか船乗りが来なかったか?」
 外から帰った 船長 は、僕や父に必ずそう聞いた。
 仲間だろうか、それとも兄弟だろうか、よほど待ちこがれている風に見えた。
 ところが、実はそうではなかったのだ。
 ある日 船長 が、そっと僕を呼んだ。
おい坊主 俺のいる時でもいない時でも、もし船乗りのような男が来たら、まずこっそり俺に知らせるんだぞ。とくに、一本足の船乗りには気をつけるんだぞ。そいつに見つかると、うまくねえことになるんでな。おれの最後にもなりかねねえんだからよ。いいな、一本足の船乗りには、特別気をゆるすなよ!」
 その代わり、毎月 月の始めに四ペンスの銀貨をくれると約束した。

f:id:sakuyamonju:20190604134207j:plain

 約束のその銀貨はいつの月も遅れがちだった。が、それでも催促すると、しぶしぶ出してくれた。そしてその時も決まって、
一本足には油断するな!」
と、繰り返した。
 ところで、そうも一本足の・・・一本足の・・・と繰り返されると、その “ 一本足の船乗り ” が、僕の夢の中にまで出て来るようになってしまった。
 荒れ狂う波が入り江や崖で吠えたてる夜など、その男が様々な恐ろしい格好で出て来た。時には足が膝の所から切れ、時には股の付け根からすっぽり切れていた。また、時にはその一本足が胴の真ん中から付いている化け物であったりした。ーーー その化け物が垣根や溝を飛び越えて、追い駆けて来るのが一番恐い夢だった。
 そんな理由( わけ )で一月に四ペンス貰えるとはいえ、やりきれた物ではなかった。
 尤( もっと )も、僕は 一本足の船乗り には毎晩悩まされ恐くて堪( たま )らなかったが、 船長 その物は皆( みんな )の言う程恐いとは思わなかった。


🌿🌿🌿🌿🌿🌿🌿
 ベンボー提督亭に厄介そうなお客がやって来ましたね。少年の目には、怖そうに見えなかった船長ですが、この船長という人物は一体何者なのでしょうか?
 
  Sakuya ☯️
   🌿🌿🌿🌿🌿🌿



次回へ続きます。




訳者紹介
近藤 健( けん )
大正2年、秋田県に生まれる。
日本児童文芸家教会会員。主な著書に、『 はだかっこ 』『 一本道 』等がある。


少年少女 世界の名作文学第7巻 イギリス編
発 行/昭和40年9月20日
発行所/株式会社 小学館
編 者/©️ 名作選定委員会