立像の王子様とつばめ/entry62

第61回目は絵本の御紹介です。

 

 

f:id:sakuyamonju:20191203191919j:plain

【 しあわせなおうじ 】☘️

 作  /オスカー・ワイルド

 監 修/西本 鶏介氏

 文  /間所 ひさこ氏

 絵  /こみね ゆら氏

 

 

町を見下ろす、丸い柱の上に、幸せな王子の像が立っていました。

王子の体は金で被われ、二つの目には青い青いサファイアが、腰に下げた剣の柄には赤い赤いルビーが嵌( は )め込まれていました。

王子様は、なんて美しいのだろう! 」

と、町の人達はいつもいうのでした。

f:id:sakuyamonju:20191203194003j:plain

ある秋の日の夕方。

一羽のつばめが、風に吹かれて飛んできて、王子の足元に止まりました。

このつばめは、仲間にはぐれ、一人ぼっちで南の国に向かう途中だったのです。

今夜は、ここで眠ろう。

つばめが羽を休めた所に、冷たい水の滴がぽとり・・・。

おやっ 雨かな? 」

f:id:sakuyamonju:20191203194214j:plain

つばめが見上げると、そこには悲しそうな王子の姿がありました。

サファイアの目から溢れた涙が、金色の頬を伝って流れ落ちて来ます。

f:id:sakuyamonju:20191203194433j:plain

あなたは、どなたですか? 」

私は、幸せな王子だよ。

では、何故、泣いていらっしゃるのです? 」

 私が生きていた頃には、涙など流したことは一度もなかった。

でも、今の私には、この町の人達の悩みがよく見えるので、泣かずにはいられないのだ。

ずっと向こうの貧しい家で、病気の男の子が苦しんでいる。

お母さんは働いているけれど、薬も買えないのだ。

つばめさん、つばめさん、私の剣からルビーを抜いて、あの親子に届けてやってくれないか。

ここはとても寒いけれど、一晩だけあなたのお使いをしてあげましょう。

つばめは王子の剣から抜いたルビーを銜えて、貧しい家に飛んで行きました。

f:id:sakuyamonju:20191203195623j:plain

男の子はベッドに横たわり、

お母さんは疲れて眠っています。

つばめは、窓から部屋に飛び込むと、テーブルの上にルビーを置きました。

そして、つばさで男の子の顔を扇いであげました。

いい気もち・・・・・。僕、きっと良くなるね。

男の子は、すやすやと眠りに就きました。

王子の傍に帰ったつばめは、ほうっと優しい気持ちになりました。

不思議だなあ。今、僕、とても温かいの。今夜は寒かったはずなのに・・・・・。

それは、良いことをしたからだよ。

と、王子は微笑みました。

つばめさん、さあ、君もお休み。

f:id:sakuyamonju:20191204123943j:plain

 

 

次の日、つばめがお別れの挨拶をすると、王子は言いました。

お願いだ、もう一日、ここにいて、私を助けてくれないか。

ずっと向こうの屋根裏部屋に、一人の若者が住んでいる。素晴らしい本を書いているのだが、今はパン一切れを買うお金もないのだ。

ではもう一つ、ルビーを届けましょうか? 」

もうルビーは無いのだよ。その代わりに、私の目のサファイアを抜いて・・・・・。

そんな酷いこと、僕できません! 」

つばめは泣き出しました 、、、、、、

 

 

🌿🌿🌿🌿🌿🌿🌿

 美しい幸せな王子様とつばめの物語ですが、どちらも心が優しく、読んでいた私の心まで温かくなりました。冬が到来しても南に渡らず、王子様の為に働いたつばめの姿も美しいですね。この物語は私が小学生の頃に出合った物語だと思うのですが、久々に図書館で出合い、嬉しかったです。

 天使が選んだ尊いものとは、正しくそのとおりですね。

  Sakuya ☯️

   🌿🌿🌿🌿🌿🌿

 

 

原本はひらがな表記です。

 

 

 

監修

西本 鶏介氏

奈良県生まれ。昭和女子大学名誉教授。児童文学や児童文化に対する評論、作家・作品論、民話の研究、創作など幅広く活躍。絵本や民話の再話も多い。また坪田譲治文学賞などの選考委員もつとめる。著書は各ジャンルにわたって600冊を越える。近刊の著書に『 まよなかのたんじょうかい 』( すずき出版 )「 西本鶏介児童文学論コレクション( 全3巻 )( 第36回巌谷小波文芸賞特別賞受賞/ポプラ社などがある。

 

間所 ひさこ氏

東京都生まれ。詩と幼年童話で第1回日本童話会賞を、詩集『 山が近い日 』理論社で第13回野間児童文学賞推奨作品賞を受賞。著書に『 クリスマスのおきゃくさま 』( 女子パウロ会 )『 ないしょにしといて 』「 10ぴきのかえる 」シリーズ( 以上、PHP研究所「 ころわん 」シリーズ( ひさかたチャイルド )『 とんとんとん 』フレーベル館など多数。

 

こみね ゆら氏

熊本県生まれ。美しいイラストで絵本や挿し絵で活躍する傍ら、人形などの製作もしている。『 さくら子のたんじょう日 』( 作・宮川ひろ童心社で第10回日本絵本賞、『 ともだちできたよ 』( 文・内田麟太郎/文研出版 )で第18回日本絵本賞、『 オルゴールのくるくるちゃん 』講談社で第47回講談社出版文化賞絵本賞受賞。絵本の作品に『 にんぎょうげきだん 』白泉社『 ミシンのうた 』講談社、挿し絵を手がけた作品に『 四年変組 』( 作・季巳明代/フレーベル館など多数。

 

 

 

 

ひきだしのなかの名作1

しあわせなおうじ

発 行/2016年6月 初版第1刷

発行所/株式会社 フレーベル館

©️ MADOKORO Hisako, KOMINE Yura 2016

  Printed in Japan