~箱の中には何が~ 宝島より/entry77

ジムとジムの母親は船長の衣類箱を開けることを決意しました。

嚥下困難/entry76

嚥下困難について

~結婚相手~ あらくれ/entry75

第74回目は文学( entry70 の続き )の御紹介です。 【 日本文学全集 8巻 】 徳田 秋声集 あらくれ 十一( entry70 の続き ) おとらと青柳との間になりたっていたお島と青柳の弟との縁談が、養父の不同意によって、立消えになったころには、おとらもだん…

~耳のような飾り羽~ ワシミミズク No.2/entry74

夜のハンターワシミミズクの御紹介です🍀

~羽音をたてずに飛ぶ鳥~ ワシミミズク No.1/entry73

夜のハンターワシミミズクの御紹介です🍀

灰色の犬タテガミ/entry72

第71回目の書物の御紹介です。 【 銀のたてがみ1 光の牙 】 作/掘 直子氏 絵/さべあ のま氏 大陸の西の果てにある国に、ミナトという少年が住んでいます。この少年はタテガミという犬を飼っていて、タテガミは太い肢( あし )、太い首、ピンと突き立っ…

気紛れなおとらさん/entry71

第70回目は日本文学の御紹介です。 【 日本文学全集8 徳田 秋声集 】 著 者/徳田 秋声氏 あらくれ 十 《 おとらさんは何処へ entry66 》の続き お島は養父が、二三軒の知合いの家へ葉書を出したことを知っていたが、おとらが帰ってから、やっと届いたお…

最高時速110㎞/entry70

第69回目は《 データファイル/動物 》の御紹介です。 【 すばらしき野生の王国 】🍀 チーター 陸生哺乳類 短距離走では誰にも負けない 世界最速の陸上動物 流線型で、すらっとした体つきをしたチーターは、すぐれた短距離ランナーです。いっきょに加速する…

十時/entry69

第68回目は世界の名作文学の御紹介です。 【 少年少女 世界の名作文学7 イギリス編 】 作 者/ロバート・ルイス・スチーブンソン氏 訳 者/近藤 健( けん )氏 宝 島 《 黒まる entry63 の続き 》 ( 三 )黒まると “ 船長 ” の死 ところがその晩のこと…

御仏の光/entry68

第67回目は仏教書の御紹介です。 【 阿 炎の行者 池口恵観自伝 字 】 衆生救護に生きる沙門 その波乱に満ちた軌跡 著 者/高野山真言宗傅燈大阿闍梨 池口 恵観氏 祇園精舎とホスピス 仏教と医療はもともと隣り合わせの関係にあると言えよう。その一つの証…

おとらさんは何処へ/entry67

第66回目は文学の御紹介です。 【 日本文学全集 8 徳田 秋声集 】 著 者/徳田 秋声氏 あらくれ 《 度合 entry 56 》の続き 九 いつのころであったか、たぶんその翌年ごろの夏であったろう、その年おもにお島の手に委( まか )されてあった、わずか二枚…

羊飼いの猫/entry66

第65回目は絵本の御紹介です。 【 クリスマスのねこ ヘンリー 】 文 /メリー・カルホーン氏 絵 /エリック・イングラハム氏 訳 /猪熊 葉子氏 ヘンリーと家族が 教会の前で 車を下りた ちょうどその時、雪が 降りだしました。 「 クリスマスの劇に ぴった…

八千枚護摩行/entry65

第64回目は仏教書の御紹介です。 【 阿 炎の行者 池口恵観自伝 字 】 衆生救護に生きる沙門 その波乱に満ちた軌跡 著 者/高野山真言宗傅燈大阿闍梨 池口 恵観氏 八千枚護摩行へ これは負け惜しみでなく思うのだが、人生は学校の成績とは関係ない。企業が…

黒まる/entry64

第63回目は文学( 児童書 )の御紹介です。 【 少年少女 世界の名作文学7 イギリス編 】 宝島 作 者/ロバート・ルイス・スチーブンソン氏 訳 者/近藤 健( けん )氏 第一章 老海賊 《 昔の仲間 entry 07の続き 》 ( 三 )“ 黒まる ”と“ 船長の死 ” そ…

ジャングルの王/entry63

第62回目は生物の御紹介です。 【 すばらしき野生の王国 】 企 画/インターナショナルマスターズ パブリッシャーズ ベンガルトラ 陸生哺乳類 ジャングルの王に敬意を表して 力強く、しかも、音もたてずに動きまわるーーー。ネコ科の動物のなかで最も大き…

立像の王子様とつばめ/entry62

第61回目は絵本の御紹介です。 【 しあわせなおうじ 】☘️ 作 /オスカー・ワイルド氏 監 修/西本 鶏介氏 文 /間所 ひさこ氏 絵 /こみね ゆら氏 町を見下ろす、丸い柱の上に、幸せな王子の像が立っていました。 王子の体は金で被われ、二つの目には青い…

自然の宝庫/entry61

第60回目は風景の御紹介です。 世界遺産に行こう ~自然遺産編~ 企画・編集/教育実用出版事業室 屋久島( YAKUSHIMA ) 鹿児島県佐多岬の南約60㎞に位置する屋久島は、美しい緑が広がる日本でも指折りの自然の宝庫です。島のほとんどが山岳地帯となっ…

室町時代から続く行者の家系/entry60

第59回目は仏教書の御紹介です。 【 阿 炎の行者 池口恵観自伝 字 】 衆生救護に生きる沙門 その波乱に満ちた軌跡 著 者/高野山真言宗傅燈大阿闍梨 池口 恵観氏 第一章 生長 法者どん 私は昭和十一年十一月十五日、鹿児島県肝属( きもつき )群東串良( …

学問に優れていた牛若/entry59

第58回目は古典文学( 児童書 )の御紹介です。 【 義経記 ( ぎけいき )】 古典文学全集 16 著 者/須知 徳平( すち とくへい )氏 「 黄瀬川( きせがわ )の陣 」 より 〈 安田 靫彦筆( やすだゆきひこひつ )〉 奥州平泉( おうしゅうひらいずみ …

甘酸っぱい酢味噌ソースでどうぞ/entry58

第57回目は料理の御紹介です。 毎日がおいしいレシピ 企 画/インターナショナルマスターズ パブリッシャーズ 豆腐のフライ カロリー 1人分 366kcal 食塩相当量 1人分1.8g 材料4人分 木綿豆腐/2丁 卵 /2個 水 /大さじ2 小麦粉 /1カップ …

度合/entry57

第56回目は《 大師詣り entry 49 》の続きです。 【 日本文学全集 徳田秋声集 】 著 者/徳田 秋声氏 あらくれ 《 大師詣り entry49 》の続き 八 お島は養父がいつまでも内に入ってこようともしず、入ってきても、飯がすむとすぐ帳簿調べに取りかかったり…

融通のきく仲間/entry56

第55回目は観葉植物の御紹介です。 ☘️ My Happy ガーデニング ️ 企 画/インターナショナルマスターズ パブリッシャーズ ベンジャミン ❲ Weeping Fig ❳ 薄い緑色のやわらかな葉の枝垂れるさまが美しいベンジャミン。さわやかでエレガントな雰囲気を漂わせ…

たいした役者/entry55

第54回目は《 二人の教え子 entry 52 》の続きです。 【 ギリシア神話物語 トロイアの歌 】🍀 著 者/コリーン・マクロウ氏 ( Colleen McCullough ) 訳 者/高瀬 素子( たかせ もとこ )氏 語り手 アガメムノン 私たちは陸路を旅して、ペレポネソス半島の…

性転換する魚/entry54

第53回目は《 データファイル/動物 》です。 【 すばらしき野生の王国 】 企 画/インターナショナルマスターズ パブリッシャーズ クラウンクマノミ 熱帯の浅瀬に住む おどけた道化師 サンゴ礁の上に広がる、イボハタゴイソギンチャクのカーペット。その…

二人の教え子/entry53

第52回目は《 美しきトロイアの城壁 entry 50 》の続きです。 【 ギリシア神話物語 トロイアの歌 】 著 者/コリーン・マクロウ氏 ( Colleen McCullough ) 訳 者/高瀬 素子氏 語り手 ケイロン わしが住む洞窟は、人間がこのぺリオン山にやってくるはる…

しょうがの風味が効いたやさしいおかず/entry52

第51回目は《 データファイル/料理 》 の御紹介です。 毎日がおいしいレシピ 企 画/インターナショナルマスターズ パブリッシャーズ 炒り卵のしょうがあんかけ 炒り卵にとろりとしたさわやかなあんが後を引くうまさ カロリー1人分 145kcal 食塩相当…

美しきトロイアの城壁/entry51

第50回目は神話に関する書物の御紹介です。 【 ギリシア神話物語 トロイアの歌 】 著 者/コリーン・マクロウ氏 ( Colleen McCullough ) 訳 者/高瀬 素子( たかせもとこ )氏 語り手 プリアモス いまだかつてトロイアのような都市はかった。 トロイア…

大師詣り/entry50

第49回目は「 子供の気持ち entry 45 」の続きです。 【 日本文学全集8 徳田秋声集 】 著 者/徳田 秋声氏 あらくれ「 子供の気持ち entry 45 」の続き 七 曲りくねった野道を、人の影について辿ってゆくと、やがて大師道へ出てきた。お島はぞろぞろ往き…

顔は馬の様で歌声はブーブー、でもフルーツが大好き/entry49

第48回目はデータファイル( 動物 )です。 【 すばらしき野生の王国 】 企 画/インターナショナルマスターズ パブリッシャーズ ウマヅラコウモリ( 陸生哺乳類 ) ブーブーと鳴く、熱帯アフリカの 大きなコウモリ オスのウマヅラコウモリの奇怪な頭と胸…

玄奘三蔵が解明/entry48

第47回目は「 愛と美の理想 entry 43 」の続きです。 【 美の観音 】 著 者/望月 信成氏 二 観音という名称 われわれが最も親しい観音という名称も、あるいは観世音( かんぜおん )と言い、あるいは観自在菩薩( かんじざいぼさつ )などと呼ぶこともあ…